ひまじめ日記(仮)

放置しまくったブログを徐々に復活させるよ~~。 何度目かの”人生最後のダイエット”に励む文系出身エンジニア 兼 週末主夫。 お料理の腕前は中々上がらないけど負けないぉ!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献体という言葉をご存知でしょうか?


献体とは、医学・歯学の大学における人体解剖学の教育・研究に役立た
せるため、自分の遺体を無条件・無報酬で提供することをいうそうです。

http://www.kentai.or.jp/what/01whatskentai.html


恥ずかしながら玄ちゃんは土曜日の朝、父方の祖母が亡くなった時に
初めて その言葉を知り、同時に 祖母がその意思を持っていた事を知りました。





その祖母は5年ほど前に腰の骨を折り医療体制の整った施設に入院し、
リハビリを続けてきましたが歩くまでには至らず。そして歩かなくな
った事から身体の他の機能も少しづつ弱ってきていました。



食事も誤飲する可能性があると言う事でこの1年くらいは流動食に
近いものになり・・・それでも親父やおふくろを始め、親族の

「また元気になって欲しい」

という思いに支えられながら頑張ってましたが先週頭くらいから生命
反応が弱くなり・・・



土曜日の朝、息を引き取る瞬間は本当に静かに・・・ろうそくの火が
ゆっくり消えていくように安らかに87年の生涯を終えました。



死因は、「肺炎」という事になっていましたが、大往生だったと思い
ます。










亡くなる前夜、親父との会話で

「ずっと見てきて 徐々に 弱ってきているのは肌で感じていたから
覚悟は出来ていたが・・・最期に美味しい物を食べさせてやれない
のが心残りだよ」

と・・・。



中々見舞いにいけなかった玄ちゃんには 突然の出来事のように思え
てもずっと見ていた親父には突然ではなく、言葉には出せない想いを
ずっと抱いていたのだね。




そんな親父に、

「残った人間が美味しい物を食べて、おばあちゃんに教えてあげよう。
綺麗なものを見て伝えてあげよう・・・」

となんとも変な言葉しかかけられなかった玄ちゃん。



その想いに応えられるような言葉を持ってなくてごめん





じいちゃん、

「おばあちゃん、本当にありがとう!!」

と言った告別式の挨拶は間違いなくおばあちゃんにも届いてるよ。






いつも周りの役に立とうとしたおばあちゃん。献体になるという
おばあちゃんの意思は、これから医学の道に進む人の役に立つよ。








おばあちゃん、たくさんの思い出をありがとね。


スポンサーサイト


wincheさん。

どうもありがとうございます。

恩師の方、wincheさんにとってはかけがえの無い
人の一人だったのでしょうね。

今まで本当に身近な人の死にあまり触れる事無く
生きてきたので最初は今ひとつ現実感が無かった
のですが・・・紛れもない現実なんですよね。


献体については、色々考えさせられて・・・そして
結論が中々でないです。


前向きに生きるは玄ちゃんに出来る数少ない事な
のでこれからも続けていかないと…と思います。

2006/09/25(月) 12:30:26 | |玄ちゃん #-[ 編集]

miikoさん。


>いつまでも元気なはずと思ってる大切な人の死は
>ほんといきなり襲ってきますね・・・。

改めて思い知らされました。

本当にそうですね。


献体・・・

大切なものだとは分かっていても遺族が全員心から
納得というのは難しいかもしれませんね。


私も、これがうちの奥様だったら、快く献体を了承
できるか自信がありません。




祖父母は仲が良かったと思うのですが、祖父がその
感情を表に出す事はあんまり無かったなぁ。


もっと表に出してあげれば祖母も喜んだのに・・・
と思いましたが、きっと以心伝心で言わなくても
通じ合ってたのかな??



2006/09/25(月) 12:23:26 | |玄ちゃん #-[ 編集]

遅ればせながら、ご冥福をお祈り申し上げます。

身近で大事に思っている人が、亡くなるって本当に
悲しいことです。

今年の一月に亡くなった恩師のことを、私は
今でも思い出して、泣きたくなるんですから。

玄ちゃんサンの「残った人間が美味しい物を食べて、おばあちゃんに教えてあげよう。綺麗なものを見て伝えてあげよう」

それって、残された人間が前向きに生きていくこと、
おばあさまの願いだと私は感じたんですが・・。

献体の件も、医学的なことは何もわかりませんが、
私も色々考えさせられました。
2006/09/23(土) 09:04:31 | |winche66 #-[ 編集]

いつまでも元気なはずと思ってる大切な人の死は
ほんといきなり襲ってきますね・・・。

献体ご本人の意思とご遺族の気持ちが合意しない場合、
かなりもめると主人から聞いたことあります。

私もちょっと身近なだけに(主人の仕事上)
ずっと前から考えてるのですが未だに答えが出ません。
医学の発展の為には欠かせない献体。。。
親がそう願った時、私は素直にお願いできるのかな?

お祖父様のお言葉、涙が出ました。
仲のいい御夫婦だったんでしょうね。

謹んでご冥福をお祈りいたします・・・。
2006/09/21(木) 13:57:26 | |miiko #2l24XHpc[ 編集]
四季さん
お悔やみありがとうございます。

今回の事で初めて、自分の死についても少し考える
事が出来ました。

献体に登録しようか・・・と奥様と話してますが、若い
うちは臓器移植の方が誰かの役に立つのかな・・・とか
今までは全然考えた事が無かったのです。

色々悩もうと思います。




2006/09/21(木) 12:28:07 | |玄ちゃん #-[ 編集]

謹んでご冥福をお祈りいたします。
献体は、医学のために欠かせない
でも、なかなかままならないことでもあります。
おばあさまの御意思には敬意を払います。
2006/09/20(水) 06:01:44 | |四季 #mQop/nM.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://genysdiary.blog64.fc2.com/tb.php/79-e9b6e0d3
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。